« タカラモノミツケタ | トップページ | 着物バッグ展終了しました »

2017年11月13日 (月)

着物バッグ展

昔から着物に強い憧れがあるものの、敷居の高いイメージがありなかなか足を踏み入れることは出来なかった。

布が好きな延長で着物柄をみるのも好き。

帯留やかんざしなど着物を彩る小物に胸がときめく。

娘が七五三のときはどうしても貸し出し用の着物に気に入ったものがなくリサイクル着物屋で見つけた古典柄の着物を見つけて着せたことも。

特に意識していたわけではないけど自分の色合わせや図案に「和」を感じると言われることも度々。

着物に詳しくはないけど。

いつか自分が着ることがあるならそんなイメージで作った着物バッグたち。

Img_6224_800x533
studio fujino店主の東川裕子さんはいつも素敵な着物姿で迎えてくださる。

そんな普段から着物を着られている裕子さんにお話を伺う中で意外と婚礼用のバッグを

探すのが難しいというお話を聞いた。

華やかなものを探そうと思うとアンティークのビーズバッグを見つけることが多いとか。

もちろん着物だけに限定せずパーティーなど洋装にも使えて

いわゆる利休バッグではなくもっと自由なものを。

Img_6235_800x533

着物をもっと身近に、もっと気軽に。

古典にとらわれず、肩の力を抜いて

着物で持ちたいバッグの展示会

kimono bags

at gallery studio fujino

2017.11.18(土)~26(日)

12:00~17:00

参加作家

coshell 2 / 張子、漆仕上げ

SCENARIO PEPPERS / ヴィンテージ、デッドストック、民族布などのクラッチ

TETOTE / 手刺繍

ともとかなこ / パッチワーク、多素材

VALLEYSHELL / 革

山崎大造 / 竹籠

〇世界的アーティスト舘鼻則孝氏と木工家 藤崎均さんにによるインスタレーションも同時開催。

18日在廊

TETOTE/ともとかなこ/VALLEYSHELL/

舘鼻則孝

18日 13時 ~17時

オープニングレセプション(予約不要)

是非、ご高覧くださいませ。

(M)

« タカラモノミツケタ | トップページ | 着物バッグ展終了しました »

TETOTEの事」カテゴリの記事

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« タカラモノミツケタ | トップページ | 着物バッグ展終了しました »

フォト
2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ